さまざまな暮らしのネタをご紹介しています

グミを凍らせると美味しいって本当?意外と知らない食べ方!

グミを凍らせると美味しいって本当?意外と知らない食べ方!

グミって実は凍らせるととってもヒンヤリするだけでなく、食感も噛み応えが更にアップして、とっても美味しくなるんですよ!

確かにグミってそのまま食べることが多いですよね。

でも、グミを凍らせることで、新食感のスイーツになってとっても美味しいんです!

グミって意外な食べ方があったんですね。

でも、グミをお子さんにあげる時は、注意しなければいけないこともあります。

ということで今回は、グミを凍らせると美味しくなるワケや、お子さんにグミはいつから与えて良いのか、またグミを食べ過ぎるとどうなるのかをご紹介します!

スポンサーリンク

 

グミは冷凍するのがおすすめ!凍らせることでより美味しくなる!

冒頭でもお伝えしたように、グミって冷凍することでより美味しいお菓子に変化するんです!

グミを冷凍すると、まるでアイスキャンディーのようにヒンヤリとするし、歯ごたえが更にアップするので、とっても新感覚なスイーツに大変身!

実際に冷凍させたグミを食べた人によると、食感も良いだけでなく、フルーツの風味によって、本当に一口サイズのアイスキャンディーっぽくなったとのこと。

確かにこれはすっごく試してみたくなりますね。

私もグミを買って、凍らせるようにして、冷凍グミを食べてみよるようにします。

 

ちなみに、冷凍したグミを食べた人は、もう普通のグミは食べられないくらいに、冷凍グミにハマってしまった、という声が多数!

要するにそれくらい冷凍グミって美味しいんですね。

私はこの話を聞いて、ものすっごく冷凍グミを試してみたくなりました。

ちなみにグミを凍らせる場合は、極力は果汁入りのフルーツ系グミなど、フルーツの風味がとっても強いものを選ぶのもポイントですよ。

やっぱり凍らせたフルーツってとっても美味しいので、フルーツグミを凍らせることで、グミがより美味しく感じるとのことなんです。

 

ただしグミを冷凍した場合は、よく噛んで食べるようにしてくださいね。

凍らせることでグミはより歯ごたえが増すのですが、同時にしっかり咀嚼(そしゃく)をしていかないと、のどに詰まりやすくなってしまうからです。

特にお子さんに冷凍グミを食べさせる場合は、しっかりとよーく噛むように言い聞かせておいてくださいね。

そうすれば冷凍グミでも安全に食べることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

 

子供にグミはいつから与えていいもの?凍らせたグミの場合も合わせて紹介!

お子さんにグミをいつから与えるべきか悩みますが、グミはズバリ、3歳以上になってから与えるようにして、冷凍グミの場合はもっと注意が必要なので、5歳以上になってからが安心ですよ!

グミってやっぱりよーく噛んで食べないと、のどに詰まらせてしまう危険性がとっても高いので、いつからお子さんに与えてもいいのか、親御さんとしてはとっても気になりますよね。

 

乳歯がしっかり生え揃い、そして噛む力もある程度強くなってきた3歳以上でしたら、お子さんにグミを与えても良いですよ。

また先ほども説明しましたが、グミは凍らせることで噛み応えが増すので、冷凍させたグミに関しては、もっと成長した5歳以上になってから与えるようにしましょう。

ただし、グミは普通のものも凍らせたものも、必ず1粒ずつ口の中に入れるようにして、よーく噛むように言い聞かせておくことが大事。

 

また、グミを食べている時は、極力お子さんが走り回ったり、暴れまわったりしないようにさせましょう。

グミってやっぱりキャンディーなどと同じで、のどに詰まる危険性がとても高いです。

だからこそ、安全のためにもグミはキャンディーと同じと考え、食べている間はくれぐれも大人しくさせるようにしていくと良いでしょう。

確かに私も子供の頃、キャンディーやグミを食べている時は座って、絶対に走り回っちゃダメ、と親に言い聞かされていました。

安全を確保するためにも、ぜひグミはそのままのものも凍らせたものも、よく噛んで食べさせるようにしてくださいね。

 

3歳児だとまだちょっとはしゃぎ回ったりすることがあるでしょうから、もしグミを食べている最中に走り回る場合は、すぐにグミを取り上げるようにしてくださいね。

また、お子さんがグミを食べている時は、万が一のどに詰まらせた時にすぐに吐き出させるように、常に様子を見ているようにしましょう。

離乳食とりわけレシピ(プチママ)もあります

>> ヨシケイはこちら(公式サイト)

グミは食べ過ぎるとどうなるの?適量を知っておこう!

グミは食べ過ぎると糖分が多いため肥満になりやすくなったり、ニキビなど肌荒れしたり、虫歯になりやすくなったり、腹痛や下痢を引き起こす場合もあるため、多くても1日に1袋、小さいお子さんの場合は5~6粒程度にしておいてください。

では、更に詳しくグミを食べ過ぎるとどうなるのかを説明しますね。

 

肥満になりやすくなる

グミはやっぱり甘いお菓子であり、糖分も多く含まれているため、たくさん食べればその分、肥満に繋がってしまうこともあります。

特に何袋も食べ過ぎてしまうと、脂肪を蓄積させるインスリンが分泌されてしまい、肥満になってしまう確率が非常に高いんですね…。

そのためくれぐれもグミの食べ過ぎには注意しましょう。

ニキビが出来やすくなる

グミに含まれている糖分は油分へと体内で変わっていき、それが蓄積されると皮脂が多く分泌されるようになり、ニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまいます…。

特に思春期でニキビが出来やすい時期のお子さんは、グミを食べ過ぎないようにさせると良いですね。

虫歯になりやすくなる

糖分が多いだけでなく、グミは歯に付きやすいため、グミのカスなどが口の中に残った状態になってしまうと、虫歯になるリスクが高くなります。

お子さんにはもちろんグミを与えても大丈夫ですが、食べた後はなるたけしっかりと、歯磨きなどをさせていくようにしましょう。

腹痛や下痢を引き起こす

グミに含まれているポリデキストロースという成分は、グミを食べ過ぎることにより過剰に摂取してしまうと、便をゆるくしたり腹痛を引き起こすことがあります。

確かにグミに限らずお菓子って食べ過ぎると、腹痛や下痢になるイメージですよね…。

しかもグミを凍らせる場合は、食べ過ぎると胃腸などを冷やしてしまう可能性もあるため、余計に腹痛や下痢になってしまうんですよ!

だからこそ、グミの食べ過ぎには注意が必要なんです。

 

以上がグミを食べ過ぎることで引き起こされる症状など…。

ということでグミは大人でも1日1袋、小さい子供の場合は、1日5~6粒程度にしておくと、食べ過ぎにはならないので安心ですよ!

スポンサーリンク

 

まとめ

グミは凍らせるとヒンヤリとして、しかも歯ごたえがより良い食感になるので、やみつきになる人が続出中!

ただしお子さんにはグミは3歳以上になってから、凍らせたグミに関しては、5歳以上になってから食べさせるようにしましょう。

また、グミは食べ過ぎると肥満やニキビなどの肌荒れ、虫歯、腹痛や下痢を引き起こしてしまうので、目安として1日1袋、小さいお子さんなら1日5~6粒だけ食べるようにしてくださいね。

>> 動画配信サービスのU-NEXTを見てみる(公式サイト)